ITアウトソーシングを利用するメリット

アウトソーシングとは、業務の一部を別の企業に委託することを言います。外注や業務委託などもアウトソーシングと同じような意味合いのものです。企業側がアウトソーシングを行う理由は様々ですが、業務量が多くて人手が足りない、自社で行うよりも外部の業者に依頼した方がコストの削減に繋がる業務があるといった理由があります。アウトソーシングは、国内だけではなく、海外の業者に依頼する場合もあります。アウトソーシングと一口に言っても、たくさんの種類のものがありますが、今回はITアウトソーシングについて紹介していきます。ITアウトソーシングとは、インターネットやコンピューターの技術に関するアウトソーシングのことを言い、円滑に業務を進めることができるような社内の管理プログラムの制作なども行ってくれます。

ITアウトソーシングを導入する時のポイント

社内にシステム関連の業務を行う部門があるが、人員やコストの削減の見直しを行った際、新たにアウトソーシングに出すというケースも珍しくありません。自社で新たに人を雇うと、育成のための時間やコストもかかります。反対にITアウトソーシングを外部に依頼すると、業務量が減るので、手が開いた人に他の部署を手伝ってもらったり、新たな部署に異動して活躍してもらうことができるというメリットがあります。ITアウトソーシングは業務の一部を委託するものと、業務機能全てを委託するフルアウトソーシングというものがあります。また、運用アウトソーシングといって、企画や基礎のシステムだけは社内で構築し、運用のみ委託するといったことが可能なものもあるので、様々なケースに対応できるところもITアウトソーシングの魅力の1つです。

ITアウトソーシングのメリットとデメリット

ITアウトソーシングを導入した時の一番大きなメリットはコスト削減に繋がるところです、社内でのシステム構築・運用、社内の情報システム担当者が受けるクレームやトラブル、問い合わせなどの対応を業務委託することでITコストを削減することができます。また、知識豊富で技術力も高いプロの専門業者に依頼することで、システムのガバナンスを強化でき、それによって障害やトラブルなどのリスクを減らすことができます。顧客からの問い合わせにおいても、業者がほぼ全てにおいて対応してくれるので、企業側はその手間がかからない分他の業務を行うことができるため、企業全体の生産性が上がります。委託する業者によっては、社内で行うよりもコストがかかってしまう場合もあるので、アウトソーシング先を選ぶ時には、費用対効果をよく考えて慎重に選ぶようにしましょう。また、情報の漏洩などの問題が起こらないように管理監督をしておくことも大切です。