現代のITアウトソーシングの必要性

ITアウトソーシングとはIT業務を外部に委託することで、ITOと略されることもあります。つまり社外のシステムエンジニアやプログラマー、ウェブデザイナーなどにITシステムの維持・管理などの業務を代行してもらうということです。また、トラブルシューティングのヘルプデスクを外部から雇うことなどもITアウトソーシングの一環です。IT業務を高い専門知識を持つ外部の業者へ委託し、自社の業務内容を見直すことで、社員は本来の業務に集中出来るようになります。その結果仕事の効率化が実現し、生産性の向上が見込めるとされているのです。これは世界的な流れであり、海外への業務委託を行っている企業も少なくありません。ここではなぜ今ITアウトソーシングが必要とされているのか、どのように導入を進めればいいかなどについて解説します。

ITアウトソーシングが必要とされている理由

このような外部委託が必要とされている背景には、業界の慢性的な人手不足があります。通信業が目覚ましい発展を遂げる中、多くの企業はそれに対応し切るだけの人材を確保出来ていません。運良く新人を採用出来たとしても、人材育成には時間も費用も掛かります。特に発展途上のベンチャー企業や少ない人数で回している企業の場合には深刻な問題です。また、ITのような変化の激しい分野では、継続的な人材育成への金銭的・時間的コストが甚大であるという問題も挙げられます。さらに追い打ちを掛けるのが離職率の高さです。折角育てた人材も何年かするとやめてしまうというケースが相次ぎ、自社での人材の確保に限界を感じている企業も多いのです。ITアウトソーシングは企業がこの先生き残るための知恵とも言えるでしょう。

ITアウトソーシングを進めるにあたって

ITアウトソーシングにもいくつかタイプがあり、すべての業務を丸ごと委託するフルアウトソーシングや、システムの運用を委託する運用アウトソーシングなどがあります。ITアウトソーシングを最大限効果的に行うためには、自社の業務内容に合ったものを選択する必要があります。フルアウトソーシングでは企画段階から委託先の企業が行います。部分的にアウトソーシングを行うのに比べるとコストは掛かりますが、自社のリソースを節約出来るという意味では効果的です。運用アウトソーシングは主にインフラ関係の運用を委託するもので、メンテナンスなどに時間を取られている場合はこれを解消することが期待出来ます。他にもサーバの設置や運用に関するホスティングや、ハウジングといった形態もあります。まずは自分たちがどんな問題を抱えていて、それをどうしたいのかという目的意識を明確化することが重要です。