さまざまなITアウトソーシングの活用法

皆さん、ITアウトソーシングとは何かご存知ですか。ITアウトソーシングとは、IT業務をほとんど外部委託することです。ITアウトソーシングを導入することによって、生産性の向上が期待できるほか、今後予測されている労働力の減少の対策にもなるといわれています。IT業務は人材の育成に相応のコストが必要だといわれています。特にITを不得手としている企業の場合ですと、そちらに費用も人員も割いてしまい、自社のコア事業に力をいれられなくなるという悪循環を引き起こしてしまいます。自分達の会社は得意部門のみに特化することによって効率化が図ることができるのです。また、近年では労働力の減少が問題視されていますから、コストがかかるIT部門を委託することによって労働人口の減少にも対応できます。今回はITアウトソーシングの活用法を紹介します。

ITアウトソーシングにはこんなにも種類があります。

ITアウトソーシングと聞いても具体的に何かよく分からない人もいるのではないでしょうか。ITアウトソーシングといっても様々な種類があります。業務機能のほぼ全てを委託するフルアウトソーシング、システムのインフラの部分の運用を委託する運用アウトソーシング、サーバーを委託するホスティング、サーバーや通信機器を委託するハウジング、顧客からの問い合わせに対するサポートをするヘルプデスクといったものがあります。このようにITアウトソーシングといってもその内情は様々あります。これらを導入することによって、会社にかかるITのコストを大幅に下げることができます。このようにITアウトソーシングを上手に活用することによって、費用面でも人員面でもコストが減り、自社のコア業務に専念できるといったメリットがあります。

ITアウトソーシングを賢く活用するには。

ITアウトソーシングを業務に導入することで、様々なメリットがあることを紹介しましたが、その反面、気を付けなければならないこともいくつかあります。ITアウトソーシング導入により、コスト削減を目標にしていたにも関わらず、導入前の打ち合わせや調査費用などで結局予想以上のコストがかかり、自社で行うほうがまだマシだったということさえ起きたこともあります。また、情報漏洩が起こるといったセキュリティの問題が発生する可能性もあります。特にセキュリティに関するトラブルは企業の信頼にも大きく関わってきます。コストが安いからなどといった短絡的な理由で企業を選ぶと後で大変なことが起こるかもしれません。費用対効果を考えつつ、委託先の企業がどのような企業なのかをしっかり精査することが大切です。