ITアウトソーシングの概要について紹介

ITアウトソーシングとは、企業のITに関する仕事を外部の企業に委託することです。近年、インターネットの普及により、クラウド環境の利用だけでなく、新しい技術やサービスを積極的に取り組むことが、生産性の向上につながると考えている企業が増えてきています。しかし、その一方で慢性的な人材不足に悩んでいたり、コンプライアンスなどのIT機器やソフトの安定的な運用に課題を抱える企業も増えています。そこで、アウトソーシングすることでIT分野の運営コストを削減するとともに、自社のメイン業務に人材を割り当てることで、生産性のレベルアップを目指す企業が増加しているのです。専門的な知識を必要とするIT業務では、人材の育成や管理にも時間と費用がかかるので、アウトソーシングで効率化を図っているのです。

色々なITアウトソーシングの形態について紹介

ITアウトソーシングにも様々な形態があります。自社に合ったアウトソーシングを選ぶ必要があります。フルアウトソーシングは、一部分の作業をアウトソーシングする訳ではなく、部門全体の作業をアウトソーシングすることです。運用アウトソーシングは、システムのインフラに関するサーバーなどの部分をアウトソーシングする形態です。大きな費用をかけて導入したシステムが使いこなせずに放置されていることも珍しくありません。そういった場合には、運用アウトソーシングが適しています。ホスティングとは、サーバーの準備、運用、保守、機能強化などに限り、アウトソーシングする形態です。外部のサーバーを借りることで、自社サーバーを管理、保守するコストを削減することが出来、安定した運用を実現することが出来ます。

ITアウトソーシングのメリットの紹介

ITアウトソーシングすることによる企業のメリットとして、まず一番に上げられるのが、ITコストを全体的に削減できる点です。システムの運用や保守にかかる費用を削減出来る上、それまで自社の情報システム担当者がやっていた問い合わせやトラブルの対応もアウトソーシングすることで負担を軽減でき、企業の組織全体のITコストの削減につながります。もう1つのメリットは、コア業務に注力できる点です。ITアウトソーシングのおかげで、コア業務に社員が専念出来るようになります。そのため、組織全体の生産性が向上します。技術社員が余計なトラブルから解放され、コア業務に従事できる時間が増えることは大きなメリットです。最後に、組織の体制変更に柔軟に対応できる点です。組織の体制変更によってアウトソーシング先を変更できるので、組織変更に柔軟に対応できるのもメリットの1つです。

ITIL準拠のITサービスデスクをスモールスタートできるサービスデスク管理ツール! IT部門のサービスデスク担当者向けには、業務プロセスや状態のステータス管理が有効。 システム運用はインシデント管理の徹底から。見える化、標準化、統制が即座に実現できます! 導入支援サービスをはじめ保守やサポートデスクなどの充実。 ユーザー問い合わせは、システム内へメール取込可能。 SmartStageITアウトソーシングで業務効率アップ!!